GAIALOVES’s blog

音楽作家マネジメント会社社長ブログ

作曲家作詞家になるには

合同会社GAIALOVESの田丸です。

 

「一般的に作曲家作詞家として活躍するには

どうすればいいのか、よくわかっていない

人も多いらしいので、今回は端的にそれを記載致します。」

 

 

作曲家作詞家として、いわゆるランキング上位に入るような

アーティストやアイドルへ楽曲提供を果たすためには、

大手レコード会社のプロデューサーが楽曲を集める際に

タイミングよく求められる楽曲や歌詞を提案する必要があります。

 

そのために必要な機関といいますか、役割を担うのが

作家事務所と言われる業務を行う会社です。

 

すべからく、作曲家作詞家になりたい!と思う人は

基本的には作家事務所に所属、登録、提携、言い方は色々ありますが

要するに携わる必要があります。

 

楽曲コンペという言葉くらいは聞いた事がある人も

多いかもしれませんが、

 

通常、作家事務所と携わり、楽曲コンペ参加の機会を得る事が

大事になります。

 

え?なんで?直接レコード会社に曲を持ち込めばいいじゃん!

て思う方もいるかもしれませんが、現実的に考えると、

レコード会社の方々は

原則としては直接作詞家作曲家と人達一人一人と個別に積極的に付き合おうとは

しない傾向にあります。

 

理由は色々ありますが、一つには常識をわきまえない音楽バカの人も多く

そういう可能性のある人といちいち一人づつ面談してやり取りして

お互い理解して打合せして、、、という流れをするには

効率が悪すぎるからですね。

 

 

ちなみにコンペシートをわざわざ作らない

プロデューサーもそれなりにいるんですよね。

 

その場合は作家事務所の営業がどのプロデューサーとよくコンタクトを

取っているかとか、作家の曲をプレゼンする事に熱心かに

よるわけです。

 

だから、事務所に所属してコンペさえもらえればこっちのもんだぜ!と

思う作家がいるとすればそれは、違うかなと思います。

 

本業としてそこまで作家事務所業を熱心に運営しているわけではない

会社は、コンペを配信するだけで終わってしまう傾向にある場合も

あり、そういうところはとりあえず所属する事そのものはハードルが低い傾向に

あります。

 

将来性を考える場合は、コンペも配信するが、コンペ化しない

プロデューサーとの付き合いも大事にするカラーの事務所の方が

良いかもしれません。

 

GAIALOVES音楽作家事務所の場合は、、

弊社の場合は、そのすべてを網羅しつつ

天才かどうか、という基準ではなく

社会性を大事に出来る方である事を

第一に掲げています。

 

なぜなら、契約順守意識と社会的マナーを体得している

人でないと、どんなに良い楽曲をレコード会社が

採用する事になったとしても、事故扱いになったりして

結局レコーディングしたけど、発売出来ないとか

色々な問題が起こりうるわけです。

 

いわば、作家事務所は社会的に見て大丈夫な人かどうかも

含めてふるいにかける役割を担っているとも言えますね。

 

特に弊社GAIALOVESは、そういうところを大事にしています。

 

なので、既に就職してサラリーマンなどで社会性を体得して

頑張っている方が、作曲家作詞家としても

夢を実現するべく頑張っていきたいと志を持っている方と

是非積極的にご縁が欲しいです。

 

多少粗削りでも構いません。

 

ご応募お待ちしています。

 

合同会社GAIALOVES

クリエイター応募フォーム | GAIALOVES音楽作家事務所