GAIALOVES’s blog

音楽作家マネジメント会社社長ブログ

手数料への考え方

こんにちは、GAIALOVESの田丸です。

 

弊社は、本業としては音楽事業を運営しておりますが

作家事務所2.0を方針として掲げているのもあり、

 

WEBマーケティングコンサルティング

大事に考えており、機会ある時にアサインする高学歴で優秀で

やる気のある若い人材との縁を作っています。

何より、この方向は既存の音楽業界を主体とした

事業方向に加え、各業界がこぞって取り入れ始めている

WEBマーケティングという考え方を組み合わせる事で、

ただコンペを配信して終わりという作家マネジメントにならないうよう

内在的な起爆剤になる事が期待出来ます。

 

WEBマーケティングそのものは、いくらでも専門家かつ

頭脳も優秀な若くて粋の良いエリートさん達がいくらでもいるしアサイン出来るので

正式なWEBコンサル系マーケ系のご依頼にはこの優秀エリート系の

人材をアサイン致します。

 

僕自身はそういう方々から余徳的に知識と経験を得て

本業にほんの少しづつ応用し実験を重ねているところです。

 

ところで、

弊社は作曲家応募の方は個人事業主という位置づけで

交渉致します。単なる採用不採用という観点で

募集しているわけではなく、業務協力関係構築相手の

募集であり、交渉になります。いわゆるパートナーシップですね。

場合によっては、こちらから所属してありがとうございます

という事で、こちらが年額ある程度手当を支払う事も

作家の実績、著名度等を鑑み検討する事も十分ありえるわけです。

具体的には、え!あの作家今田丸さんのところにいるの!?と

例えば、有名アーティスト担当プロデューサー

が思ってくれるほどの方であれば十分ペイ出来るかもしれないと

考慮出来るわけです。

あくまで例えばすよ。色々なケースがあると思うわけです。

その逆の交渉も応募者の状態によってはありえます。予めご了承下さい。

条件が合わなければ普通に条件が合わないという事で

スルーして下さい。

 

印税のマージンパーセンテージで交渉する事もあるでしょうし

色々です。ほんと色々な考え方でお互い納得すればやるし

納得しなければ交渉成立せずお互いやらないだけ、それだけです。

このあたりは気楽にドライに考えていきましょう。

 

色々な意味で旧態依然とした美学にはこだわりません。

作家事務所の原則にはのっとりますが、ビジネスという意味では

可能性を広げるためにも自由な思考を忘れず、考えていきます。

 

もちろん、レコード会社その他先方、弊社、作家その他

八方納得して幸せになってもらえるよう今後も試行錯誤と改善は

重ねていきます。

 

で、実際のところGAIALOVESと縁があると

どれくらいチャンスがあるの?と言われれば

具体的にブログで語るわけにはいきませんが、

基本的に大手と数多くやり取りしているので

だいたいみなさん想像以上に案件があるという

感想を持たれています。

 

ご興味ある方はクリエイター応募フォームから

必要事項を記入し、送信して下さい。

有意義な交渉をしましょう。

 

根本的に弊社基準に沿わない場合など

必ずしもお返事出来るとは限りません。

そのあたりはご了承下さい。

 

※当該ブログ文章の

無断転載等を固く禁じます。

 

www.gaialoves.com